最近の対外的な活動(2020年3月)

最近の新聞・雑誌への掲載、オープンセミナー、TVへの出演等について掲載

しています。

個別企業の仕事や守秘義務のあるものなどについては載せていません。

 

▶2020年2月25日

東洋経済オンラインで、利用者急増の変動金利型の住宅ローンについて、あらためてリスクを取り上げました。

目を背けがち「変動金利」の実は恐ろしいリスク

~低金利の恩恵をうまく受けたいが…危険も~

 はっきり特徴がわかるように金利上昇シミュレーションを入れています。

離婚時にローンを完済できればそれほど気にしなくても良いかもしれませんが、首都圏の場合、住宅ローンで組む額が大きく身動きが取れなくなってしまうケースも。関心がある方は読んでみてくださいね。

 

▶2020年2月20日

週刊金融財政事情(2020年2月17日号)で、いま話題の「わりかん保険」について触れました。従来の保険像に変更を迫る潜在力がある保険として注目しています。

 

 

 

 

 

 

▶2020年2月18日

共働き世帯向けの雑誌「CHANTO」2020年3月号で、教育費の記事を監修しました。

教育費破綻しないためのヒントと対策をまとめました。

気になる方はお手に取っていただけたらと存じます。

 

 

 

▶2020年2月13日

「オレンジページ」2020年2月17日号で、保険記事の監修をしました。

「老後、災害、病気etc.に備える今さら聞けない ほけんの話」として柔らかく説明しています。

手に取ることがありましたら読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

 

▶2020年2月6日

「サンキュ!」2020年3月号で、「教育費で飛んでいくお金をどうにかする本」の特集ページを監修しました。

教育費”今昔ものがたり”として、今と昔のトレンドの違いを踏まえながら教育費の備え方のポイントをお伝えしています。

▶2020年3月10日

FPジャーナル(2020年3月号)の特集

「教育にかかるお金2020」に協力しました。医学部など高額な教育資金が必要なケースのマネープランを担当しました。

▶2020年3月5日

 ForbesJAPANで雇用延長と生命保険について執筆しました。

長生きをリスクにしない。定年後のセカンドライフ設計は生命保険から考えろ

セカンドライフ前に生命保険の減額をするというのがこれまでの王道でしたが、2000万円問題を考えるとそうとも言い切れず・・・気になる方は読んでみてくださいね。

▼最新刊のお知らせ

 

書けばわかる! わが家にピッタリな住宅の選び方・買い方

        詳細はこちら 

 

▼なごみFP事務所

【銀座オフィス】

 〒104-0061

 東京都中央区銀座6-6-1

 銀座風月堂ビル5階

 

 TEL:03-5537-7570

(受付時間:平日9~18時)

 

【世田谷オフィス】

 〒156-0052

 東京都世田谷区経堂

 1-11-9 タジマビル3階

 

▼ご相談はお気軽に

お問い合わせはこちら