最近の対外的な活動(2018年7月)

最近の新聞・雑誌への掲載、オープンセミナー、TVへの出演等について掲載

しています。

個別企業の仕事や守秘義務のあるものなどについては載せていません。

 

▶2018年7月30日

週刊金融財政事情の連載では、「保険料が全額戻ってくる医療保険」を取り上げました。所定の年齢でそれまで払った保険料の全額が戻る「Rシリーズ」は今年100万件を突破。好みもあるかと存じますが、一定層に人気があり、このご時世で存在感が増しています。気になる方は読んでいただけたら嬉しいです。

▶2018年7月25日

SUUMOマガジン(2018年7月18日号)の

第2特集「1%で750万円差が付く金利の教室」の記事を監修しました。住宅ローンの金利のイロハを解説しています。

一戸建て購入者が多い地域で無料配布されています。

 

▶2018年7月21日

本日(2018年7月21日)の日本経済新聞で、家計のまとめ払いについて取材協力しました。

ぞれなりの金額になりますので、家計の節約を検討中の方はご一読いただけると嬉しいです。

▶2018年7月19日

SUUMO新築マンションの第2特集「シングルの住まい購入 気になる家計公開」の記事を監修しました。

シングルがどんな考え方でどんな物件を買っているのか気になる方は、手にとってみてくださいね。

 

▶2018年7月14日

「医師が保険で考えるべきこと」という、お医者さまと保険の話をまとめる機会がありました。

ちょっと特殊な医者の公的保障の現状を踏まえた上で、不足額を保険で合理的に確保する際のポイントをお伝えしています。

医者の保険プランニングをされる方のご参考になれば嬉しいです。

 

会員登録が必要なページになります。

 

▶2018年7月12日

「サンキュ!」2018年8月号のとじ込み付録1「教育費対策2018」を監修しました。教育費の貯め方・備え方についてまとめています。

 ご興味がある方は読んでみてくださいね。

 

▶2018年7月11日

読売新聞「深読みチャンネル」で

「自己破産、生活苦…知らずに借りると奨学金は危険」の記事を執筆しました。奨学金の最新動向と奨学金利用のコツについて紹介しています。

 奨学金を借りるかも、というご家庭は、ご一読いただけたらと思います。

▶2018年7月10日

「週刊金融財政事情」の連載で、高血圧でも通常の保険料で入れる医療保険について取り上げました。

高血圧は、保険契約上は、実は「持病持ち」扱いになるので、保険料が割り増しになったり引受基準緩和型の領域になりやすいのです…そんな中、一般の医療保険で割り増し無しで入れるようにするところがジワリ増えてきています。

記事では全労済の例を取り上げました。

ご興味がある方は読んでみてくださいね。

 

▶2018年7月4日

今日(2018年7月4日)の日本経済新聞夕刊マネーダイニングコーナーで、共働き夫婦の住宅購入の記事に協力しました。

離婚時などのリスクについて言及しています。

 

共有名義のメリットばかりに目がいきがちですが、留意点についても押さえておきたいところですね。

 

▶2018年7月2日

今日(2018年7月2日)の読売新聞の政治・経済面で、

「保険金 請求漏れ防げ」の記事に協力しました。

保険加入状況について家族で情報共有することの大切さについてコメントしています。

 

保険は入った後、ちゃんと請求してはじめて役に立つものです。

保険の存在を家族が知っていないと、もしもの時い請求できない事態もあることを認識しておきたいです。。

▼最新刊のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「奨学金」を借りる前に

 ゼッタイ読んでおく本

        詳細はこちら 

 

▼なごみFP事務所

【銀座オフィス】

 〒104-0061

 東京都中央区銀座6-6-1

 銀座風月堂ビル5階

 

 TEL:03-5537-7570

(受付時間:平日9~18時)

 

【世田谷オフィス】

 〒156-0052

 東京都世田谷区経堂

 1-11-9 タジマビル3階

 

▼ご相談はお気軽に

お問い合わせはこちら